MENU

車屋さんのマイカーローン契約してみたら

カーディーラ

 

転職して数ヶ月後にずっと乗っていた古い車が故障し、修理に20万以上かかることが分かったため、新しい車を購入することにしました。

 

契約社員として働きだして数ヶ月しかたっていないので、ローンが組めるか心配していましたが、一括では購入できないので、地元の銀行のマイカーローンを申し込みしました。

 

一応ローンが組めるものの、予定していた金額の半分くらいまでしか審査が通らず、年数の経った中古車が買えるくらいの金額です。

 

それで中古車を買ってもまた壊れたらどうしようと思い、銀行のマイカーローンは契約しませんでした。

 

 

車屋さんに行き相談したところ、車屋さんが提携しているローン会社なら銀行より金利が少し上がるものの、審査に格段に通りやすいかもとのことで申し込みをしてみました。

 

結果が出るまで少し時間がかかるかもしれないとの話でしたが、翌日には審査通過と連絡がありました。

 

当初銀行でOKが出た金額の倍以上まで出ることになりました。

 

金利が少し上がりましたが、程度の悪い車を買って何度も修理をするより、結果的に時間も費用も節約できたのではないかなと思っています。

 

マイカーローンを詳しく知ろう

さて最近では車を持つ人の割合が非常に少なくなってきました。

 

しかしこの不況の世の中、借入をする場合金利が非常に安くなっていることは多く知られています。

 

また最近では銀行提携の多目的消費者ローンも多く発売されていて、利用者にとっては非常に嬉しいものです。

 

中でもマイカーローンは利用目的や金額の特定がしやすいことから今ではほとんどの銀行で扱っています。

 

そしてディーラーに紹介されるローンより銀行経由によるローンの方が利息が安いこともしばしばあります。

 

なお銀行提携とはいえ消費者ローン商品になるために最低限の条件はあります。

 

ローン返済において全てに共通ですが、年収における返済に占める額が1/3を越えてくると少し厳しいようです。

 

そのため、それに関係してローンを開始する際の年齢や年収(多くの場合給与関係の所得証明書が必要)はもちろんのこと、職業などもとても大事な条件になってきます。

 

また銀行によるマイカーローンでは使用目的を確かにするためにディーラーさんの見積書や支払い後の領収書が必要な場合が多くあります。

 

以上のことを踏まえた上で車の購入を考えると良いでしょう。